RetroPie覚書。

Raspberry Piで動作するマルチエミュレータ「RetroPie」の覚書。バージョンは4.4以降を使用。

海外フォーラムやGitHubのソースを見ながらメモってるだけなので動作保証はしない、としておく。

事前準備

  1. WindowsPC上で、microSDカードを「FAT32」でフォーマットする
    • microSDの容量が32GByte未満の場合は、何も考えずにフォーマットでOK
    • microSDの容量が32GByte以上で、ラズパイ用に使用したことがない場合
      1. SD card Formatter 4.0を起動
      2. ボリューム名がそのままホスト名になるので、「RaspberryPi」とかにしておくと良い
      3. オプション設定 → 消去方法を「イレースフォーマット」、論理サイズ調整を「ON」 → フォーマット
    • microSDの容量が32GByte以上で、ラズパイ用に使用したことがある場合
      1. Windows10(XPじゃ無理 ^^;)の管理ツールで全パーティションを削除
      2. FAT 32 Formatterでフォーマット※リンク先の画像をクリックでDL
  2. RetroPieを入手し、解凍する
  3. microSDにイメージを焼く
    1. Win32 Disk Imager v0.9を起動※XPはこのソフトしか動かない
    2. Image FileへRetroPieのimgファイルをドラッグ&ドロップ、DeviceはmicroSDカードを挿したドライブを選択 → Write

初期設定

  1. RaspiのUSBにゲームパッドとキーボードを接続※初回はBluetooth機器はお勧めしない
  2. RaspiにmicroSDを挿して電源投入
  3. RetroPieが起動したらゲームパッドのAボタンを長押し → キーコンフィグ → 「OK」※「HOTKEY」はエミュレータの終了等に必要
  4. STARTボタンで「MAIN MENU」を表示 →
    1. 「SOUND SETTINGS」 →
      1. 「SYSTEM VOLUME」 → 「100%」※お好みで
      2. 「ENABLE NAVIGATION SOUNDS」 → 「OFF」※キー操作音
    2. 「UI SETTINGS」 →
      1. 「QUICK SYSTEM SELECT」※ゲーム一覧画面で←→でシステム変更
      2. 「CAROUSEL TRANSITIONS」※システム選択画面のアニメーション
      3. 「TRANSITION STYLE」 → 「INSTANT」※画面遷移のエフェクト
      4. 「GAMELIST VIEW STYLE」 → 「BASIC」※ゲーム一覧画面の体裁、だがSCRAPERを実行しなけりゃ意味ない
      5. 「START ON SYSTEM」※RetroPie起動時に表示するシステム
    3. 「OTHER SETTINGS」 → 「SAVE METADATA」 → 「NEVER」※gamelist.xmlにプレイ回数やプレイ日時が記録されてウザ
    4. Bボタンで前画面に戻る
  5. システム選択画面には「RetroPie」しかないと思うので、Aボタンで設定画面へ
    1. 「RASPI-CONFIG」 →
      1. Hostnameを変更する
        1. パッドの↑↓で「System Options」を選択
        2. パッドの←→で「Select」を選んで、Bボタンで決定
          1. パッドの↑↓で「Hostname」を選んで、Bボタンで決定
          2. 注意書き画面をBボタンでスキップ
          3. 任意のHostnameを入力
          4. パッドの↓で「Ok」「Cancel」の選択に移動
          5. パッドの←→で「Ok」を選んで、Bボタンで決定
      2. microSDの容量を拡張する※RetroPie v4.4ころから自動化された
        1. 「Advanced Options」 → 「Expand Filesystem」
        2. Would you like to reboot now? → 「Yes」
      3. 再起動…
      4. 画面端の黒枠を非表示にして画面全体に描画
        • 「Advanced Options」 → 「Overscan」 → 「No」※RetroPie v4.7で削除された
        • 「Display Options」 → 「Underscan」 → 「No」
      5. 「Localisation Options」 →
        1. 「Change Locale」 → キーボードの↓で「ja_JP.UTF-8 UTF-8」に合わせ、スペースキー → 「*」が付いたのを確認したらキーボードのリターンキーで決定 →※「en_GB.UTF-8 UTF-8」に付いた「*」は外さない
          1. 「en_GB.UTF-8」を選択して「OK」※JPは文字化けする
        2. 「Change Timezone」 → 「Asia」 → 「Tokyo」
        3. 「Change Keyboard Layout」」 → 「Generic 105 (Intl)」 → 「Other」 → 「Japanese」 → 「ODAG 109A」 → 「No AltGr key」 → 「No compose key」
          • キーボードの種類について
            右下に「かな」キーがあり…
            • アプリケーションキーなし、Windowsキー1つ → OADG 106
            • アプリケーションキーあり、Windowsキー1つ → OADG 108
            • アプリケーションキーあり、Windowsキー2つ → OADG 109
        4. 「Change Wi-fi Country」 → 「JP Japan」
    1. 「WIFI」 →
      1. 「Connect to WiFi network」 → 任意のSSIDを選択 → パスワードを入力※IPアドレスが表示されたら接続成功
        • SSIDとWEPは、/etc/wpa_supplicate/wpa_supplicant.confに格納される
    2. 再び「RASPI-CONFIG」 →
      1. OSを最新にする
        1. 「Update」
    1. 「RETROPIE SETUP」 →
      1. 手動で一つ一つアップデートを行う
        1. まず「Update RetroPie-Setup script」※これを先にアップデートしないと、下記のアップデート作業は無駄!!!
        2. 「Update RetroPie-Setup script」 → 「Manage packages」 →
          1. 「Manage core packages」 → 「Update all installed core packages」
          2. 「Manage driver packages」 → 「xpad」 → 「Update (from source)」
          3. 「Manage main packages」 → (略)
            • 不要なエミュレータもばんばんremoveしていく
          4. 「Manage optional packages」 → (略)
          5. 「Manage experimental packages」 → (略)
    2. 「CONFIGURATION EDITOR」 →
      1. 「Configure basic libretro emulator options」 →
      2. 「Configure default options for all libretro emulators」 →
        1. 「Video smoothing」 → 「false」※ドットのにじみを回避
        2. 「Aspect Ratio」 → 「2 - 16:10」※所謂PCモニタの比率
          • 家庭用TVなら「1 - 16:9」※非力なRaspiZeroでは「21 - square」が良いかも?
        3. 「Render Resolution」 → 「Video output resolution」※PC系エミュの文字潰れを回避
        4. 「Video Shader Enable」 → 「unset」※お好みで
        5. 「Player 1 - use analogure stick as d-pad」 → 「1 - left-stick」※アナログスティックでも操作可能になる
      3. 「Configure additional options for atarilynx」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※縦/横の切り替えで画面比率が変わるため
      4. 「Configure additional options for gameandwatch」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※縦画面モノもあるため
      5. 「Configure additional options for mame-libretro」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※縦画面モノや3画面モノ、artworkがあるため
      6. 「Configure additional options for nds」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※2画面あるため
      7. 「Configure additional options for vectrex」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※縦画面のため
      8. 「Configure additional options for virtualboy」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※3Dモードをside-by-sideにするときのみ
      9. 「Configure additional options for wonderswancolor」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※縦/横の切り替えで画面比率が変わるため
      10. 「Configure additional options for wonderswan」 →
        1. 「Aspect Ratio」 → 「22 - core」※同上
    3. 「BLUETOOTH」 →
      1. パッドの↑↓で「Register and Connect to Bluetooth Device」を選択
      2. パッドの←→で「OK」か「Cancel」を選択し、Aボタンで決定
      3. Bluetooth機器側のCONNECTボタンを押す
      4. Bluetooth機器を選択
      5. 「NoInputNoOutput」※ペアリングにPINが必要な機器は「DisplayYesNo」
  6. 再起動…
  7. 再び「RetroPie」 → 「RETROPIE SETUP」 →
    1. 「Configuration / tools」 →
      1. アップデートによって無効になった、自動ログインの復帰
        1. 「autostart  - Auto-start Emulation Station / Kodi on boot」 → 「Start Emulation Station at boot」
      2. ネットワーク経由でファイルをコピー可能にする
        1. 「samba - Configure Samba ROM Shares」 → 「Install RetroPie Samba shares」
        2. 「Manually edit /etc/samba/smb.conf」
          1. smb.confの赤字部分を自分の環境に合わせてに書き換え
            #====================== Global Settings ======================

            [global]

            ## Browsing/Identification ###

            # Change this to the workgroup/NT-domain name your Samba server will part of
               workgroup = WORKGROUP
          2. 最下行 (参考)
            [SharedDocs]
               comment = RetroPie roms & BIOS
               path = "/home/pi/RetroPie"
               writable = yes
               guest ok = yes
               create mask = 0644
               directory mask = 0755
               force user = pi
            [configs]
               comment = RetroPie configs
               path = "/opt/retropie/configs"
               writable = yes
               guest ok = yes
               create mask = 0644
               directory mask = 0755
               force user = pi
            [ErrorLogs]
               comment = RetroPie ErrorLogs
               path = "/dev/shm"
               writable = yes
               guest ok = yes
               create mask = 0644
               directory mask = 0755
               force user = pi
          3. TAB → OK で変更を保存して終了、ESCで変更を破棄して終了
  8. STARTでメニューを表示 → 「QUIT」 → 「QUIT EMULATIONSTATION」
  9. 日本語フォントのインストール※ROMイメージに日本語ファイル名を使いたい場合は必須
    1. $ sudo apt install fonts-droid-fallback
  10. /boot/config.txtを編集する
    $ sudo nano /boot/config.txt
    1. コンポジット出力の設定
      1. config.txtの最下行?に下の2行を追加
        # uncomment for composite NTSC-J
        sdtv_mode=1
    2. コンポジットを使うつもりがないなら、HDMIに固定しておくと便利かも
      1. config.txtの最下行?に下の1行を追加
        hdmi_force_hotplug=1※HDMIモニタが検出されなくてもHDMIで出力
    3. 電源ランプの挙動変更※RPiZは除く
      1. config.txtの最下行?に下の2行を追加
        # Blink power led
        dtparam=pwr_led_trigger=heartbeat
  11. イヤホンの音量変更※要キーボード
    $ alsamixer
  12. 連射ボタンの設定
    1. joypadsのcfgを編集する
      $ sudo nano /opt/retropie/configs/all/retroarch-joypads/○○○.cfg
    2. ○○○.cfgの任意の場所に下の1行を追加
      input_turbo_btn = "4"
    3. 「4」は自分の環境ではYボタン、これでYボタンが常に連射になる
  13. 再起動…

その他の設定

  1. history機能をオフに
    1. ~configs/all/retroarch.cfgの…
      # history_list_enable = truefalse
  2. エミュ起動画面の表示時間を変更
    1. ~configs/all/runcommand.cfgの…
      image_delay = "1"
  3. エミュレータの並び順を変更
    • エミュレータは/etc/emulationstation/es_systems.cfgに記述されている順に並ぶが、この順番を変更しても、エミュレータの追加/削除をすると元に戻ってしまう
    1. なので海外ファミコン(nes)に、シンボリックリンクでファミコン(fc)を追加し、ディスクシステム(fds)と並ぶようにする案
    2. $ cd ~/RetroPie/roms
      $ sudo ln -s nes fc
      $ sudo chown -h root:root fc
    3. /etc/emulationstation/es_systems.cfgの赤字部分を「fc」に変更する
      <name>nes</name>
      <fullname>Nintendo Entertainment System</fullname>
      <path>/home/pi/RetroPie/roms/nes</path>
    4. 同様に、海外メガCD(segacd)に、シンボリックリンクでメガCD(megacd)を追加し、メガドライブ(megadrive)と並ぶようにする案
    5. $ cd ~/RetroPie/roms
      $ sudo ln -s segacd megacd
      $ sudo chown -h root:root megacd
    6. 同様に、/etc/emulationstation/es_systems.cfgも書き換える
    7. 再起動…
  4. 一部エミュレータのロゴを変更
    $ mkdir tmp
    $ cd tmp
    $ sudo wget https://github.com/eagle0wl/es-theme-carbon/tarball/master .
    $ tar xvf master
    $ cd eagle0wl-es-theme-carbon-0d025c5
    $ sudo cp -r pc88 /etc/emulationstation/themes/carbon/
    $ sudo cp -r pc98 /etc/emulationstation/themes/carbon/
    $ sudo cp -r x68000 /etc/emulationstation/themes/carbon/※同梱されるようになった
    $ cd ~
    $ rm tmp -r
  5. 横画面モノと縦画面モノのフォルダを分けるときのTIPS
    1. ~roms/mame-libretro/mame20xxフォルダとsampleフォルダは、「ln -s」
    2. ~configs/mame-libretro/emulators.cfgは、「--config」を変更
    3. ~configs/mame-libretro/retroarch.cfgは、「input_remapping_directory」を変更
    4. /etc/emulationstation/es_systems.cfgは、「path」と「command」内の「_SYS_」を変更

起動時にromを自動実行

  1. ~configs/autostart.shを編集する※romファイルが日本語の場合はutf-8で保存
    # Added by me
    /opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh 0 _SYS_ romフォルダ名 $HOME/RetroPie/roms/romフォルダ名/romファイル名


    emulationstation #auto

サウンド出力をHDMIから3.5mmイヤホンジャックに切り替える

  1. 「RetroPie」 → 「Audio」 → 「Headphones - 3.5mm jack」
    • HDMIに戻す場合は「Auto」を選択

Nintendo Switch Pro ControllerをWirelessで使えるようにする

  1. Manage driver packages → xboxdrv
  2. ラズパイとBluetoothのペアリングを完了させる
  3. /etc/udev/rules.d/99-nintendo-switch-pro-controller.rulesを作成する
    SUBSYSTEM=="input", ATTRS{name}=="Pro Controller", SYMLINK+="switch-pro-con", TAG+="systemd", ENV{SYSTEMD_WANTS}="nintendo-switch-pro-controller.service"
    SUBSYSTEM=="input", ATTRS{name}=="Pro Controller", ACTION=="remove", RUN+="/bin/systemctl stop nintendo-switch-pro-controller"
    ※引用元→
  4. /etc/systemd/system/nintendo-switch-pro-controller.serviceを作成する
    [Unit]
    Description=Nintendo Switch Pro Controller emulation by xboxdrv
    After=bluetooth.target

    [Service]
    ExecStart=/opt/retropie/supplementary/xboxdrv/bin/xboxdrv --evdev /dev/switch-pro-con --silent --detach-kernel-driver --mimic-xpad --evdev-absmap ABS_X=x1,ABS_Y=y1,ABS_RX=x2,ABS_RY=y2,ABS_HAT0X=dpad_x,ABS_HAT0Y=dpad_y --evdev-keymap BTN_TL=lt,BTN_TR=rt,BTN_SOUTH=a,BTN_EAST=b,BTN_C=x,BTN_NORTH=y,BTN_WEST=lb,BTN_Z=rb,BTN_SELECT=tl,BTN_START=tr,BTN_TL2=back,BTN_TR2=start --calibration x1=-27667:0:21355,y1=-19800:0:29072,x2=-25555:0:22545,y2=-17992:0:29024 --trigger-as-button --dbus disabled --ui-buttonmap guide=void --device-name "Nintendo Switch Pro Controller"
    KillMode=process

    [Install]
    Alias=nswitch-pro-con.service
    ※引用元→
  5. 再起動…
  6. プロコンを接続して「CONFIGURE INPUT」

コントローラ設定

入力と入力結果を知るには以下のコマンドを使う。

  • $ evtest
  • $ ls /dev/input
    $ jstest /dev/input/js0

エミュレータの仕様

「lr-」から始まるエミュレータはHOTKEY+STARTで終了出来る。

HOTKEYの操作一覧
操作入力
HOTKEY + START終了
HOTKEY + Bリセット
HOTKEY + Xメニュー
HOTKEY + L1ステートロード
HOTKEY + R1ステートセーブ
HOTKEY + ←or→セーブスロット変更

エラーログの場所は

/dev/shm/runcommand.log

エミュレータ一覧と簡易メモ
ハードフォルダエミュレータBIOSメモ
32Xsega32xlr-picodrive
3DO3dolr-4do
lr-opera
panafz1.bin
panafz1-kanji.bin
※吸出し方法→
単一のisoしか読み込めない※lr-4doの話
cue+binの単一iso化にはImgChunkerを使用
utf-8のcueなら日本語ファイル名OK
複数ディスク未対応

ソード&ソーサリーを遊ぶ方法は後述
AmigaamigaamiberryF12かHOTKEY+Xでメニュー

Apple IIapple2linappleF1でHELP

zip不可
Atari 8-bitatari800
atari5200
lr-atari800ATARIOSA.ROM
ATARIOSB.ROM
ATARIBAS.ROM
ATARIXL.ROM
5200.ROM
(ATARI5200.ROM)
~configs/atari800/lr-atari800.cfgを見ると
「5200.ROM」の名が統一されてない
Atari VCSatari2600lr-stella2014(fast.bin)
(skip.bin)
(system.bin)
C64c64lr-viceSELECTでキーボード
DCdreamcastlr-flycast
※RPiZ不可
dc/
┣dc_boot.bin
┗dc_flash.bin
chdは起動不可?
※raw+bin+raw→chdだけは認識したが起動セズ

HOTKEY+X → Options
→ GDROM Fast Loading → OFF※軽くなる
→ Purupuru Pack/Vibration Pack → OFF※VMが2倍に

NAOMI/ATOMISWAVEの対応法は後述
DOSpc dosbox CTRL+F9で終了

キーコンフィグの方法は後述
lr-dosbox MT32_CONTROL.ROM
MT32_PCM.ROM
~.conf

ジョイスティックのアサイン不可
FCnes lr-quicknes RPiZでも軽快動作

HOTKEY+X → Options → Turbo Enable → Both
lr-fceumm HOTKEY+X → Options → Turbo Enable → Both
FDSfdslr-fceummdisksys.romR1ボタンでディスク抜き差し
L1ボタンでディスク裏返し
FM7fm7xm7
※v4.6で削除
でもv4.7で復活
fm7/
┣INITIATE.ROM
┣SUBSYS_A.ROM
┣SUBSYS_B.ROM
┣SUBSYS_C.ROM
┣SUBSYSCG.ROM
┣EXTSUB.ROM
┣FBASIC30.ROM
┣KANJI1.ROM
┣KANJI2.ROM
┣DICROM.ROM
┣fddseek.wav
┣relay_on.wav
┗relayoff.wav
~configs/fm7/に昔のXM7.INIがないと落ちる参考

マウス操作で終了
日本語ファイル名はディスク変更時に文字化け

インストール法は後述
G&Wgameandwatchlr-gwDL

zip不可
GBgb
gbc
lr-mgba(gb_bios.bin)
(gbc_bios.bin)
HOTKEY+X → Options
→ UseBIOS File if Found → ON※biosがあると少し嬉しい
GBAgba lr-gpspgba_bios.bin RPiZでも軽快動作
lr-mgba
GGgamegearlr-genesis-plus-gx(bios.gg)HOTKEY+X → Options
→ System Boot ROM → ON※biosがあると少し嬉しい
Intellivisionintellivisionlr-freeintvexec.bin
grom.bin
L1かR1ボタンでテンキー
JAGUARatarijaguarlr-virtualjaguarHOTKEY+X → Options →
Bios → ON※OFFだと起動しない?
LD daphnedaphne ESCで終了※dapinput.iniで変更可
portslr-daphne
LYNXatarilynxlr-beetle-lynxlynxboot.imgHOTKEY+X → Options → Auto-rotate Screen → manual

SELECTボタンで縦/横画面 切替
MAME mame-mame4all lr-mame4all (romsフォルダへ) TABかF2でDIP変更
Cheat可
arcade
mame-libretro
lr-mame2000 RPiZの推奨mame
lr-mame2003 50代向け、RPiの推奨mame
ツインレバーモノで右スティック使用可
Cheat可
lr-mame2010 40代向け
R3かL3でDIP変更

HOTKEY+X → Options
→ Core Provided aspect ratio → DAR
※3画面モノの画面比が狂う為だが
縦シューの比も狂うのでそれはmame2016推奨
lr-mame2016 実はartworkの挙動が一番良い?

$ sudo ln -s ~RetroPie/BIOS/mame2010/artwork ~RetroPie/BIOS/mame2016/artwork
MCDsegacdlr-picodrivebios_CD_E.bin
bios_CD_J.bin
bios_CD_U.bin
MDgenesislr-genesis-plus-gx(bios_MD.bin)
MSXmsx lr-bluemsx 複数ディスクの切替方法は後述

~BIOS/bluemsx.iniのjoy1.autofire=on
openmsx openmsx/
┣px-v60_basic-bios1.rom
┗px-v60_pbasic.rom
ALT+F4で終了

PX-V60のLDゲームが動く
導入方法は後述
N64n64 lr-mupen64plus
※RPiZ不可
zip可
mupen64plus-auto ESCで終了
zip不可

~configs/n64/mupen64plus.cfgの
Joy Mapping Stop = "J0B8/B9"※js0のボタン8と9で終了
NCDfbalr-fbalpha-neocd
lr-fbneo-neocd
fbneo/
┣neogeo.zip
┗neocdz.zip
HOTKEY+X → Options
→ Region → Japan
→ Hiscores → OFF※好みで

utf-8のcueなら日本語ファイル名OK
NDSndslr-desmume
※RPiZ不可
(bios7.bin)
(bios9.bin)
(firmware.bin)
HOTKEY+X → Options
→ Use External BIOS/Firmware → ON
→ Boot Into BIOS → ON
NGPngp
ngpc
lr-beetle-ngpHOTKEY+X → Options
→ Language (*) → japanese

YOSAKU」の起動方法は後述
PC88pc88lr-quasi88n88.rom
n88_0.rom
n88_1.rom
n88_2.rom
n88_3.rom
n88n.rom
disk.rom
n88knj1.rom
n88knj2.rom
n88jisho.rom
HOTKEY+X → Options
→ Rumble on disk access → OFF
※ディスクアクセス中にパッドが振動(^^;

zip不可
複数ディスクの起動方法は後述
fmgenを使わないので~BIOS/2608~.wavは不要?
PC98pc98lr-np2kainp2kai/
┗font.bmp
pc98/
┣2608_bd.wav
┣2608_hh.wav
┣2608_rim.wav
┣2608_sd.wav
┣2608_tom.wav
┣2608_top.wav
┣bios.rom
┣FONT.ROM
┗sound.rom
L1ボタンでメニュー

zip不可
複数ディスク可

~BIOS/np2kai/np2kai.cfgの
DIPswtch = 3e e3 7b で2.5MHzモード
PCEpcenginelr-beetle-pce-fastL2ボタンで3/6ボタン切替

HOTKEY+X → Options
→ Turbo ON/OFF Toggle → ON
※X,Yボタンで連射ON/OFF
PCE CD-ROM²pcenginelr-beetle-pce-fastsyscard1.pce
syscard3.pce
gexpress.pce
HOTKEY+X → Options
→ (CD)PSG Volume % → 70※好みで

utf-8のcueなら日本語ファイル名OK
PCE SGXpcenginelr-beetle-supergrafxHOTKEY+X → Options
→ Turbo Hotkey Mode → Dedicated Turbo Buttons
※X,Yボタンで連射

rom名に日本語を使わない後述
PC-FXpcfxlr-beetle-pcfxpcfx.rom複数ディスク未対応※木屋サンのアレとか

utf-8のcueなら日本語ファイル名OK
PS1psxlr-pcsx-rearmedSCPH100.BIN、等
※大文字注意
HOTKEY+X → Options
→ Show Bios Bootlogo → OFF
※ONだと別リージョンのゲームが起動しない
→ Enhanced Resolution (Slow)で高解像度化
※(Speed Hack)も併用して良し
PSPpsplr-ppssppPPSSPP/flash0/font/
┣gb3s1518.bwfon
┣imagefont.bin
┗○○○.pgf
※なくても動く
――が、fontが変
HOTKEY+X → Options
→ Language → japanese
→ Confirmation Button → circle
→ Internal Resolution (restart)で高解像度化
SFCsnes lr-snes9x2005 RPiZでもまあ軽快動作
lr-snes9x
※RPiZ不可
SG-1000sg-1000lr-genesis-plus-gx
SMSmastersystemlr-genesis-plus-gx(bios_J.sms)HOTKEY+X → Options
→ Master System FM (YM2413) → ON
※FM音源のON/OFF
→ System Region → NTSC-J
※ジリオンの日本語化
SSsaturnlr-beetle-saturn
※RPiZ不可
sega_101.bin
mpr-17933.bin
HOTKEY+X → Options
→ BIOS language → Japanese

utf-8のcueなら日本語ファイル名OK
VBvirtualboylr-beetle-vbHOTKEY+X → Options
→ Right analog to digital → ON
→ 3D mode → side-by-side立体視
→ 3D mode → anaglyph3Dメガネ
WSwonderswan
wonderswancolor
lr-beetle-wswanSELECTボタンで縦/横画面 切替
X1x1lr-x1xmil/
┣(IPLROM.X1)
┗(IPLROM.X1T)
F11かL2でMENU
ディスク操作はMENUから
※その場合は日本語ファイル名 & zip不可

設定ファイルxmil.cfgは何故か/home/pi/に保存される
X68kx68000lr-px68kkeropi/
┣iplrom.dat
┗cgrom.dat
※小文字注意
F12かL2ボタンでMENU

HOTKEY+X → Options
→ Rumble on FDD Reads → OFF
※ディスクアクセス中にパッドが振動(^^;

複数ディスク可
xdfに対応させる方法は後述
光速船vectrexlr-vecx(fast.bin)
(skip.bin)
(system.bin)
Overlay
SplitWolfports/wold3d
※RPiZ不可
4人対戦ウルフェンシュタイン3D

*.wl6
VVVVVVports/vvvvvv data.zip
アウトランports/cannonball
※RPiZ不可
導入は~roms/ports/cannonball/roms.txtを参照

オススメ
洞窟物語ports/CaveStorylr-nxengine English translation (pre-patched)を解凍して~roms/ports/CaveStoryに※日本語版は不可

重いエミュレータ動作リスト
※動くか動かないか、の話で、遊べるかは別
ハードエミュレータRPiZRPi3ARPi3B~
Atari 800lr-atari800×[1]
Atari Jaguarlr-virtualjaguar×
DClr-flycast×
DOSlr-dosbox-pure×
FM7xm7×
LDlr-daphne×
NAOMIlr-flycast××
NDSlr-desmume×
PSPlr-ppsspp××
SSlr-beetle-saturn×
アウトランcannonball×
[1]インストール or 再インストールした初回しか起動しない。

lr-bluemsxで複数ディスク

複数ディスクなゲームの導入方法を、ソーサリアンを例にとって説明。個人的には無敵戦士ヤジウマンを例にとりたいが誰も知らな

  1. 空のテキストファイルを作成し、下の内容を打ち込む※必ずutf-8で保存!
    ソーサリアン.P
    ソーサリアン.U
    ソーサリアン.1
    ソーサリアン.2
    ソーサリアン.3
  2. テキストファイルを「ソーサリアン.m3u」にリネーム※拡張子も変更する
  3. 吸い出したソーサリアンのディスクイメージも、拡張子がdskになっているかと思うので、上に倣って変更する
  4. ラズパイにファイルを転送する
    ~roms/msx/
      ┣ソーサリアン.m3u
      ┣ソーサリアン.P
      ┣ソーサリアン.U
      ┣ソーサリアン.1
      ┣ソーサリアン.2
      ┗ソーサリアン.3
    • 複数ディスク化に使用するディスクイメージはzip不可
    • Emulationstationの一覧には、es_systems.cfgに登録された拡張子しか表示されないので、複数ディスクのイメージの拡張子はそれ以外なら何でも良い
  5. 再起動…
  6. Emulationstationから「ソーサリアン」を起動
  7. HOTKEY+X → 「Disk Contorol」 → 「Eject Disk」
  8. 「Current Disk Index」の数字 (m3uに列記したディスクの順番) を変更
  9. 「Insert Disk」

openmsxで「PX-7」のLDゲーム

  1. ~configs/msx/emulators.cfgを編集する
    $ sudo nano /etc/emulationstation/es_systems.cfg
    • es_systems.cfgに黄文字を追加
      <system>
        <name>msx</name>
        <fullname>MSX</fullname>
        <path>/home/pi/RetroPie/roms/msx</path>
        <extension>.cas .rom .mx1 .mx2 .col .dsk .zip .m3u .CAS .ROM .MX1 .MX2 .COL .DSK .ZIP .M3U .ogv .OGV</extension>
        <command>/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh 0 _SYS_ msx %ROM%</command>
        <platform>msx</platform>
        <theme>msx</theme>
      </system>
  2. ~configs/msx/emulators.cfgを編集する
    $ sudo nano /opt/retropie/configs/msx/emulators.cfg
    • emulators.cfgに黄文字を追加※何故PX-7ではなくPX-V60なのか→
      openmsx = "/opt/retropie/emulators/openmsx/bin/openmsx -machine 'Pioneer_PX-V60' -laserdisc %ROM%"
  3. ~configs/msx/openmsxのownerを変更する※rootのままだとリモートからフォルダの編集が出来ない
    $ sudo chown -R pi:pi /opt/retropie/configs/msx/openmsx
  4. ~roms/msxに、ogvファイル(MSX用LDゲームイメージ)をコピーする※日本語ファイル名不可
  5. ~configs/all/emulators.cfgを編集する
    $ sudo nano /opt/retropie/configs/all/emulators.cfg
    • emulators.cfgに黄文字を追加ファイル名がStrikeMissionの場合
      msx_StrikeMission = "openmsx"
  6. HOTKEYでopenmsxを終了出来るようにする
    • ~configs/msx/openmsx/share/joystick/(ジョイスティック名).tclを編集する
      $ sudo nano /opt/retropie/configs/msx/openmsx/share/joystick/〇〇〇.tcl
      • 〇〇〇.tclに黄文字を追加※HOTKEYがbutton12の場合
        bind "joy1 button12 down" exit
  7. ジョイスティックのボタンを設定する
    1. デフォルトでは偶数ボタンがA、奇数ボタンがBに割り当てられていて使いにくいので、ボタン0だけがA、ボタン1だけがBと変更する
    2. openmsxを起動中にF10でコンソールを表示
    3. キーボードで下のコマンド2つを入力する
      > dict set joystick1_config A button0
      > dict set joystick1_config B button1
    4. 入力した設定は~configs/msx/openmsx/share/settings.xmlに保存される

lr-quasi88で複数ディスク

まず、両ドライブにFDをマウントするために、Emulationstationがm3uフォーマットを認識出来るようにする。※v4.7から不要になった

  1. es_systems.cfgを編集する
    $ sudo nano /etc/emulationstation/es_systems.cfg
    • es_systems.cfgに黄文字を追加
      <system>
        <name>pc88</name>
        <fullname>NEC PC-8801</fullname>
        <path>/home/pi/RetroPie/roms/pc88</path>
        <extension>.d88 .cmt .t88 .D88 .CMT .T88 .m3u .M3U</extension>
        <command>/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh 0 _SYS_ pc88 %ROM%</command>
        <platform>pc88</platform>
        <theme>pc88</theme>
      </system>

複数ディスクなゲームの導入方法を、ザナドゥを例にとって説明。

  1. 空のテキストファイルを作成し、下の内容を打ち込む※必ずutf-8で保存!
    ザナドゥ.Aディスク
    ザナドゥ.Cディスク
    ザナドゥ.Bディスク
  2. テキストファイルを「ザナドゥ.m3u」にリネーム※拡張子も変更する
  3. 再び空のテキストファイルを作成し、下の内容を打ち込む※必ずutf-8で保存!
    ザナドゥ シナリオⅡ.Dディスク
    ザナドゥ シナリオⅡ.Cディスク
    ザナドゥ シナリオⅡ.Eディスク
    ザナドゥ.Aディスク
  4. テキストファイルを「ザナドゥ シナリオⅡ.m3u」にリネーム※拡張子も変更する
  5. 吸い出したザナドゥのディスクイメージも、拡張子がd88になっているかと思うので、上に倣って変更する
  6. ラズパイにファイルを転送する
    ~roms/pc88/
      ┣ザナドゥ.m3u
      ┣ザナドゥ.Aディスク
      ┣ザナドゥ.Bディスク
      ┣ザナドゥ.Cディスク
      ┣ザナドゥ シナリオⅡ.m3u
      ┣ザナドゥ シナリオⅡ.Cディスク
      ┣ザナドゥ シナリオⅡ.Dディスク
      ┗ザナドゥ シナリオⅡ.Eディスク
    • 複数ディスク化に使用するディスクイメージはzip不可
    • es_systems.cfgに登録してない拡張子は一覧に表示されないので、ディスクイメージの拡張子はそれ以外なら何でも良い
  7. 再起動…
  8. Emulationstationから「ザナドゥ」または「ザナドゥ シナリオⅡ」を起動
  9. L1ボタンを押しながら←→でドライブ1、R1ボタンを押しながら←→でドライブ2に挿入するFDDを変更出来る。
    • PC88はドライブ1が右でドライブ2が左だから逆だと思うんだ
  10. HOTKEY+X → Options で、V2/V1モードの切替やサウンドボードの変更が出来る
    • これで起動しないからと言って、作者に凸しないように!!!

lr-px68kで拡張子xdfを読めるようにする

  1. es_systems.cfgを編集する
    $ sudo nano /etc/emulationstation/es_systems.cfg
    1. es_systems.cfgに黄文字を追加
      <system>
        <name>x68000</name>
        <fullname>X68000</fullname>
        <path>/home/pi/RetroPie/roms/x68000</path>
        <extension>.dim .hdf .Zhd .d88 .m3u .DIM .HDF .ZHD .D88 .M3U .xdf .XDF</extension>
        <command>/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh 0 _SYS_ x68000 %ROM%</command>
        <platform>x68000</platform>
        <theme>x68000</theme>
      </system>
      • 余談ながら、extension欄にm3uがあることから、lr-px68kも複数ディスクに対応していることが分かる※動作不安定でした

DOSBOXでキーコンフィグ

dosboxにlibretro風キーコンフィグを施す。


で、その前にBuster版DOSBOXが起動しないで固まる問題の対策で、/etc/timidity/timidity.cfgの下の1行をコメントアウト

#source /etc/timidity/fluidr3_gm.cfg
  1. DOSBOXを起動し、CTRL+F1
    • 起動してしばらくしてから押すと、画面がフリーズすることがあるので注意
  2. HOTKEYにSELECTボタンを割り当てる
    1. 「Mod1」をクリック※マウス必須
    2. 「Add」をクリック
    3. ジョイステックのSELECTボタンを押す
  3. エミュレータ終了キーにHOTKEY+STARTボタンを割り当てる
    1. 「ShutDown」をクリック
    2. 「Mod1」をクリックして点灯させた後、「Add」をクリック
    3. ジョイスティックのSTARTボタンを押す
  4. 同様にMod1+Xを「Mapper」に、Mod1+Bを「Restart」に割り当てる
    ※L1あたりを「Swap Image」にしとくと将来的にディスクチェンジが可能になったら捗る
  5. 「Save」をクリック
    • これ等は~configs/pc/mapper-SVN.mapに保存される
  6. 「Quit」をクリック

DOSBOXで複数ディスク

  1. ~.shを編集する
    imgmount C: ./DISKA.IMA ./DISKB.IMA ./DISKC.IMA -t floppy
  2. CTRL+F4、または「Swap Image」にアサインしたキーでディスク切り替え

要はlr-dosbox-pureを使え、と。

DOSBOXでmidi

  1. TiMidityをインストールする
    $ sudo apt install timidity-daemon
    $ /etc/init.d/timidity status
  2. SoundFontを入手する (msgs.sf2)
  3. 入手したSoundFontを「~BIOS/soundfonts」にコピー
  4. /etc/timidity/timidity.cfgの下記の1行をコメントアウト
    #source /etc/timidity/fluidr3_gm.cfg
  5. /etc/timidity/timidity.cfgの最下行に下記の1行を追加する
    soundfont /home/pi/RetroPie/BIOS/soundfonts/msgs.sf2
  6. midiデバイスのidを調べる
    $ aconnect -o
    client 14: 'Midi Through' [type=kernel]
        0 'Midi Through Port-0'
    client 128: 'TiMidity' [type=user,pid=1890]
        0 'TiMidity port 0 '
        1 'TiMidity port 1 '
        2 'TiMidity port 2 '
        3 'TiMidity port 3 '
  7. configs/pc/dosbox-SVN.confを編集する
    mpu401=intelligent
    mididevice=alsa
    midiconfig=128:0

要はlr-dosbox-pureを使え、と。

てか、こんなイカスものが…。

AmiberryのWHDLoadでキーコンフィグ

  1. biosフォルダに「Kickstarts」等、任意のフォルダを作成して、下記のbiosをコピー
    Symbolic Linkrom名
    kick33180.A500Kickstart v1.2 rev 33.180 (1986)(Commodore)(A500-A1000-A2000).rom
    kick33192.A500存在せず※タイプミスが原因らしい
    kick34005.A500Kickstart v1.3 rev 34.5 (1987)(Commodore)(A500-A1000-A2000-CDTV).rom
    kick40063.A600Kickstart v3.1 rev 40.63 (1993)(Commodore)(A500-A600-A2000).rom
    kick40068.A1200Kickstart v3.1 rev 40.68 (1993)(Commodore)(A1200).rom
    kick40068.A4000Kickstart v3.1 rev 40.68 (1993)(Commodore)(A4000).rom
    Kickstart v3.1 rev 40.60 (1993)(Commodore)(CD32).rom
    CD32 Extended-ROM rev 40.60 (1993)(Commodore)(CD32).rom
  2. 「+Start Amiberry」起動
  3. 「Paths」タブ → 「System ROMs:」を任意のフォルダに → Rescan Paths
  4. 「Input」タブ → Autofire Rate → 「Fast」
  5. 「Custom controls」タブ →
    • South: → 「Joy2 2nd Button/Mouse2」
    • East: → 「Joy2 3nd Button/Mouse2」
    • West: → 「Joy2 fire/Mouse2 Left B」
    • Start: → 「Joy2 fire/Mouse2 Left B」
  6. 「Configurations」タブ → Name:が「default」なのを確認 → 「Save」
  7. 「Quit」
  8. configs/amiga/amiberry/whdboot/hostprefs.confを編集する
    STEREO_SPLIT=17
    ;ASPECT_RATIO_FIX=TRUEFALSE※v4.6で不具合アリ
  9. configs/amiga/amiberry/conf/amiberry.confを編集する
    default_scaling_method=-10※Nearest Neighbor

daphne

  • フォルダ構成
    ~roms/daphne/
      ┣astron.daphne/
      ┃┣astron.commands
      ┃┣astron.dat
      ┃┣astron.m2v
      ┃┣astron.ogg
      ┃┗astron.txt
      ┗roms/
        ┗astron.zip
    • astron.commands
      -latency 950S -bank 0 00000000 -bank 1 01000000
    • astron.txt
      .\
      10 astron.m2v
  • ゲーム名を日本語化する
    1. ~configs/all/emulationstation/gamelists/daphne/gamelist.xmlを編集する※utf-8で保存
      <?xml version="1.0"?>
      <gameList>
        <game>
          <path>./astron.daphne</path>
          <name>アストロンベルト</name>
          <developer>Sega</developer>
        </game>
      <gameList>
  • キーコンフィグ
    1. $ jstest /dev/input/js0
      • ジョイスティックを操作し、返ってきた値をメモする
    2. ~configs/daphne/dapinput.iniを編集する
      [KEYBOARD]
      KEY_BUTTON1 = 32 0 4
      • 黄色字部分に、先ほど得た値に「+1」した値を書き込む
      • 入力を無効にしたい場合は「0」を書き込む
      • 一番左の値と、真ん中の値は、キーボードの入力
        • キーボード入力を変更するにはこちらを参照

lr-daphneで「幻魔大戦」

  1. shellから
    $ wget http://raw.githubusercontent.com/crcerror/RetroPie-Shares/master/daphne-dev.sh -O /home/pi/RetroPie-Setup/scriptmodules/ports/daphne-dev.sh
  2. 「RASPI-CONFIG」 → 「RETROPIE SETUP」 → 「Manage Package」 → 「Manage experimental packages」 → 「lr-dapne」 → 「Install from source」
  3. ~configs/ports/daphne/retroarch.cfg
    # Settings made here will only override settings in the global retroarch.cfg if placed above the #include line

    input_remapping_directory = "/opt/retropie/configs/ports/daphne/"

    #include "/opt/retropie/configs/all/retroarch.cfg"
  4. ~roms/ports/幻魔大戦 Bega's Battle.sh
    #!/bin/bash
    "/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh" 0 _PORT_ "daphne" "/home/pi/RetroPie/roms/ports/daphne/roms/bega.zip"
  5. フォルダ構成
    ~roms/ports/daphne/
      ┣framefile/
      ┃┗bega.txt
      ┣roms/
      ┃┗bega.zip
      ┣vldp/
      ┃┗bega/
      ┃  ┣bega.dat
      ┃  ┣bega.m2v
      ┃  ┗bega.ogg
      ┣pics/
      ┃┗(略)
      ┗sound/
        ┗(略))
    • bega.txt
      ../vldp/bega
      299 bega.m2v

lr-beetle-pce-fastで「CD麻雀 美少女中心派」

  1. 件のゲームの起動には「Game Express」カードが必要なので、まずは~BIOSフォルダに「gexpress.pce」をコピー
  2. CD麻雀 美少女中心派を起動
  3. HOTKEY+X → Options → CD BIOS (Restart) → Games Express
  4. Save Game-options Fire
    • この情報は~configs/all/retroarch/config/Beetle PCE Fastに保存される

lr-beetle-pce-fastで「あくまぢょおどらきゅら×」を起動

上の応用。

  1. 件のゲームの起動には「System Card 1」が必要なので、まずは~BIOSフォルダに「syscard1.pce」をコピー
  2. ~roms/pcengineに悪魔城ドラキュラXのbin+cueをコピー
  3. 悪魔城ドラキュラXのcueを複製して、名前を「あくまぢょおどらきゅら×.cue」等に変更※binは使いまわせる
  4. 俺のファイル構成
    ~roms/pcengine/
      ┣悪魔城ドラキュラX.bin
      ┣悪魔城ドラキュラX.cue※binに日本語を使用しているので、必ずutf-8で保存
      ┗あくまぢょおどらきゅら×.cue※同上
  5. 再起動…
  6. あくまぢょおどらきゅら×を起動
  7. HOTKEY+X → Options → CD BIOS (Restart) → System Card 1
  8. Save Game-options Fire

PCエンジンとSuperGrafxを自動で切り替え

HuカードやCD-ROM²のエミュレータは「lr-beetle-pce-fast」を使うとして、SuperGrafx専用ゲームだけはエミュレータを「lr-beetle-supergrafx」に切り替えねばならない。

SuperGrafx専用フォルダが存在していれば、フォルダ毎に起動エミュレータを指定出来るけど、なんせ全部で6本しかないもののために専用フォルダを作るのもアホらしい。

これを自動化する。

  1. SuperGrafxのrom名に英数字のみを使い、日本語を使わない
  2. SuperGrafxのゲームを起動
  3. 「Runcommand Launch Menu」中にAボタンを押して、MENUを呼び出す
  4. 「Select emulator for rom ()」 → 「lr-beetle-supergrafx」
    • この情報は~configs/all/emulators.cfgに記録される。
  • SuperGrafxのゲーム名の日本語化にはgamelist.xmlを使用する
    1. ~configs/all/emulationstation/gamelists/pcengine/gamelist.xmlを編集する※utf-8で保存
      <?xml version="1.0"?>
      <gameList>
        <game>
          <path>./Aldynes.zip</path>
          <name>オルディネス</name>
          <developer>Hudson</developer>
        </game>
      <gameList>

lr-operaで「ソード&ソーサリー」をプレイ

3DOのマイクロキャビン製ゲーム「ソード&ソーサリー」と「ブルーフォレスト物語」は、漢字ROMがないとプレイ出来ない。

漢字ROMは上記2ゲームのCD-ROMから吸出せる。

ちなみに、lr-operaの推奨biosは「panafz10.bin」とあるが、上記2ゲームは「panafz1.bin」を使わないと起動しない気がする。※未確認

  1. 「ソード&ソーサリー」または「ブルーフォレスト物語」のCD-ROMから「JFONTROM」を吸い出す
  2. 「JFONTROM」を「panafz1-kanji.bin」にリネーム
  3. ~BIOSフォルダにコピー
  4. lr-operaを起動する
    1. 方法①
      1. HOTKEY+X → Options → Font (rom2) → Panasonic FZ-1 (J) Kanji ROM
    2. 方法②
      1. lr-operaを終了する
      2. ~configs/all/retroarch-core-options.cfgを編集
        $ sudo nano retroarch-core-options.cfg
        • 赤字をFZ-1 Kanji ROMに書き換える
          4do_font = "disabled"

lr-beetle-ngpで「与作」

  1. 吸い出した「KOF バトルDEパラダイス」の下記アドレスのバイナリを書き換える
    &h0023 1000
  2. 拡張子をngpに変更※念のため

Jeff Frohwein氏と、氏の「NeoGeoPocket Dev'rs」に感謝しつつ、これはレトロパイの覚書である必要ないな、と…。

余談ながら、PSPのe[mulator]なら拡張子を書き換えるだけで起動してた。

lr-pcsx-rearmedで、他エミュレータで作成したメモリーカードを使う

srm形式に変換する必要がある。

  • PCSX2仕様 (mcr) の場合
    • 拡張子をmcrからsrmに変更するだけ
  • PSN仕様 (vpn)の場合
    • ここでvmp→mcrに変換した後、拡張子をsrmに変更する
  • その他
    • Memory Card Manager 1.4を起動※要MSVBVM50.DLL (Visual Basic 5.0 ランタイム)
    • 「▶」 → 右の窓の「NEW」 → プルダウンから「Other - AdriPSX, FPSE, pcsx (*.mcr)」

lr-pcsx-rearmedで改造コードを使う

参考にソリッドリンクの改造コードを置いておく。手探りで調べて疲れた…。

  1. ~configs/all/retroarch/cheats/PCSX-ReARMed/ソリッドリンク ダンジョン&タワーサイド.cht
    cheats = 5

    cheat0_desc = "Dungeon - Text Speed MAX"
    cheat0_code = "300EF067+00FF"
    cheat0_enable = "true"

    cheat1_desc = "Dungeon - No Random Encount"
    cheat1_code = "800B06FC+0000"
    cheat1_enable = "true"

    cheat2_desc = "Dungeon - Gold 30,000"
    cheat2_code = "800F6148+7530,800F614A+0000"
    cheat2_enable = "false"

    cheat3_desc = "Tower - Text Speed MAX"
    cheat3_code = "300F0AB7 00FF
    cheat3_enable = "false"

    cheat4_desc = "Tower - No Random Encount"
    cheat4_code = "800B1FBC+0000"
    cheat4_enable = "false"
  2. ソリッドリンクを起動し、HOTKEY+Xでメニューを呼び出す
  3. 「Quick Menu」 → 「Cheats」
    1. 改造コードが5つ表示されているはずなので、それぞれのコードを、←→でON/OFFする
    2. 「Apply Changes」
    3. Bボタン → 「resume」

lr-pcsx-rearmedで複数ディスク

~roms/psx/
  ┣ゲーム (1).bin
  ┣ゲーム (1).cue
  ┣ゲーム (2).bin
  ┗ゲーム (2).cue

cueファイルの拡張子をCD1、CD2、CD3…と変更する。※必ずこの拡張子を使用すること

~roms/psx/
  ┣ゲーム (1).bin
  ┣ゲーム (1).CD1
  ┣ゲーム (2).bin
  ┗ゲーム (2).CD2

同フォルダに空のテキストファイルを作成し、下の内容を打ち込む。

ゲーム (1).CD1
ゲーム (2).CD2

このテキストファイルにゲーム名等の任意の名前を付け、拡張子を「m3u」に変更する。※本文に日本語が含まれる場合はutf-8で保存

ソリッドリンクを例に取るとこんな感じ。ソリッドリンクは、複数ディスク化することで、2シナリオ間で同じメモリーカードを共有出来る。

~roms/psx/
  ┣ソリッドリンク ダンジョンサイド&タワーサイド.m3u
  ┣ソリッドリンク ダンジョンサイド.bin
  ┣ソリッドリンク ダンジョンサイド.CD1
  ┣ソリッドリンク タワーサイド.bin
  ┗ソリッドリンク タワーサイド.CD2

ディスクチェンジの方法は以下の通り。

  1. Emulationstationから「ソリッドリンク ダンジョンサイド&タワーサイド」を選び、起動する
  2. ゲームが起動したら、HOTKEY+XでRetroArchのメニューを呼び出す
  3. メニュー一覧の、下から3番目の「Disk Control」を選択
  4. 「Disk Cycle Tray Status」でディスクトレイを開く
  5. カーソルを「Disk Index」に合わせ、←→でセットするディスクの番号を変更
  6. 「Disk Cycle Tray Status」でディスクトレイを閉じる
  7. 「Resume」でゲームに復帰
    • なお、ソリッドリンクは本来ディスクチェンジを要しないゲームなので、ディスクチェンジ後は、HOTKEY+Bで再起動が必要

余談だが、cueとbinのファイル名が一致する場合は、cueシートにShift-JISの日本語を含んでいたとしても、動く。しかし、cueとbinのファイル名が異なり、cueシートに日本語が含まれる場合は、cueシートをutf-8で保存しないと動かない。

lr-fbalphaで「クロススウォードⅡ」

  1. RetroPie 4.4にプリインストールされていたlr-fbalphaには、CDイメージを認識しないバグがあったので、まずはlr-fbalphaをアップデート※lr-fbneoに名称が変わるはず
  2. CDイメージは「単一のbin+cue」や「iso」である必要があるので、そうでない場合はコンバートする
    • Get CDMage 1.02.1 from https://www.videohelp.com/software/CDMage (freeware & no ads)
    • File > Open > select your iso (NB : for multi-track, select the .cue file, not the .iso file)
    • File > Save As > write the name of your new file
    • Make sure you select MODE1/2352 in the second drop-down
    • Press OK, wait for the process to finish (a few seconds on my computer), and it’s done !
    ※引用元→
  3. lr-fbneoは日本語ファイル名不可なので、ファイル名には英数字のみを使う
    cueシートに日本語が含まれる場合は、cueシートをutf-8で保存しないと動かないので注意
  4. gamelist.xmlを使ってゲーム名を日本語化する
    • ~configs/all/emulationstation/gamelists/neogeo/gamelist.xmlを編集する※utf-8で保存
      <?xml version="1.0"?>
      <gameList>
        <game>
          <path>./crsword2.cue</path>
          <name>クロススウォードⅡ</name>
          <developer>Alpha Denshi Co.</developer>
        </game>
      <gameList>

lr-flycastで「アカツキ電光戦記」

  1. 最低限、吸い出したNAOMIのbios「epr-21576g.ic27」を「naomi_boot.bin」とリネームして、~BIOS/dcフォルダにコピー
    • または「epr-21576g.ic27」を「naomi.zip」に圧縮したものでも可

  2. ~roms/dcフォルダに、mame0.198準拠の「ausfache.zip」をコピー
    • ドルフィンブルー、スラッシュアウト、北斗の拳、他、ATOMISWAVE系もbiosが吸い出せれるなら同上で
  3. ゲーム名の日本語化は、gamelist.xmlを利用する
  4. HOTKEY+X → Options → Allow NAOMI Service Buttons → ON で、L3とR3を使ってコンフィグ可能になる

lr-ppssppで改造コード

RetroArchの改造コードを使う方法と、改造PSPで使われていたcwcheatの改造コードを使う方法とある。※前者は上手くいかんかった

  • RetroArchの改造コードを使う
    1. 空のテキストファイルを作成し、編集する※下はあくまで例
      cheats = 2※コードの総数

      cheat0_desc = "Invincible"※任意の見出し
      cheat0_code = "0x2008EFFC+0x00000000,0x2008F00C+0x10000031"※改造コード
      cheat0_enable = "false"※ON/OFF

      cheat1_desc = "LIFE no decrease"
      cheat1_code = "0x2008F0A8+0x24A50000"
      cheat1_enable = "true"
    2. ゲーム名.chtというファイル名にリネームして、~configs/all/retroarch/cheats/PPSSPPにコピー
    3. ゲームを起動して HOTKEY+X → Cheats で改造コードが読み込まれているのが分かる
    4. が、cwcheatのコードをそのまま持ってきても動かないのかも
  • cwcheatの改造コードを使う
    1. 空のテキストファイルを作成し、cwcheatの改造コードを入力※下はあくまで例
      _S NPJH-50656
      _G SoreYuke! BuruNyanMan Portable
      _C0 Invincible
      _L 0x2008EFFC 0x00000000
      _L 0x2008F00C 0x10000031
      _C1 LIFE not decrease
      _L 0x2008F0A8 0x24A50000
    2. NPJH50656.iniというファイル名にリネームして、~roms/psp/PSP/Cheatsにコピー
    3. ゲームを起動して HOTKEY+X → Options → Internal Cheats Support → ON で改造コードが読み込まれる
    4. 現状、個々の改造コードのON/OFFはエミュレータ上からは出来ないようなので、上のiniファイルを編集してON/OFFする※やり方はググレ

mame rom

emuromchdartwork
mame4all0.37b5N/A.art
※RetroPieは未対応?
lr-mame20000.37b5
lr-mame20030.78v3
lr-mame2003-plus0.78 + 0.188?
lr-mame20100.139v4.lay
lr-mame20150.160
lr-mame20160.174
lr-mame???
advmame-0.940.94v3?
advmame-1.40.106
advmame-3.9
PiFBA0.114v3?
lr-fba
lr-fbneo
0.154v5?
lr-fba-next0.173
lr-fbalpha2012??
gngeopi0.138v4?

lr-mame2003で右スティック

  1. lr-mame2003を起動する
  2. HOTKEY + X → Options → Map right analog stick as buttons → ON
    • または、~configs/all/retroarch-core-options.cfgを編集する
      mame2003_rstick_to_btns = "enabled"
  3. Resume
  4. ツインレバーの右スティックが、パッドの右アナログスティックに自動でキーアサインされる
    • クレイジークライマーはこれだけでOK
    • アサルトはショットボタンと右スティックの↓が重複して、まともに遊べない

他のmameでは、自分で「Input (this Game)」にてキーアサインするしかない。

lr-mame2010のサービススイッチ暴発防止

lr-mame2010は、R3ボタンにはmameのメニュー画面開閉 (いわゆるTAB)、L3ボタンにはサービススイッチがデフォルトで割り当てあれている。

L3は非常に暴発しやすいので、設定があらかた終わったあとは無効にしておいた方が吉。

  1. ~configs/mame-libretro/MAME 2010/MAME 2010.rmpを作成し、黄色字部分を追加
    input_libretro_device_p1 = "5"
    input_libretro_device_p2 = "5"
    input_libretro_device_p3 = "1"
    input_libretro_device_p4 = "1"
    input_libretro_device_p5 = "1"
    input_player1_analog_dpad_mode = "0"
    input_player1_btn_l3 = "-1"

lr-mame2010の麻雀コンパネバグ回避

麻雀プレイ時のキーボードの「A」と「C」の挙動がおかしいので、それぞれキーボードの「W」と「V」に振り替える。

  1. ~roms/mame-libretro/mame2010/cfg/default.cfgに、黄色字部分を追加
    <input>
        <port type="P1_MAHJONG_A">
            <newseq type="standard">
                KEYCODE_W_SWITCH
            </newseq>
        </port>
        <port type="P1_MAHJONG_C">
            <newseq type="standard">
                KEYCODE_V_SWITCH
            </newseq>
        </port>
        <port type="P1_HANAFUDA_A">
            <newseq type="standard">
                KEYCODE_W_SWITCH
            </newseq>
        </port>
        <port type="P1_HANAFUDA_C">
            <newseq type="standard">
                KEYCODE_V_SWITCH
            </newseq>
        </port>

    </input>

レトロパイで竹本泉版「ついんくいっくす」

竹本泉版ついんくいっくす を起動するには、「twinqix (US版)」にて、Cheatを使用してリージョンをJapanに書き換える必要がある。

そのため「twinqix」が対応済みで且つ、Cheatが使用可能なmame、ということで「lr-mame2003」を使用する。

  1. lr-mame2003で「twinqix.zip」を起動
  2. TAB → Cheat → Enable/Disable a Cheat → Region Switch = Japan → On※RetroArchのCheatではない
  3. HOTKEY+B (Reset)

なお、リージョンが異なるnvramは使用出来ないので、Japanリージョンでnvram作成したら、USリージョンでは遊ばないように注意。

lr-mame2010で日本版MVS

  1. ~roms/mame-libretro/mame2010/ini/mame.iniの黄色字部分を、下表を参考にしながら書き換え
    #
    # CORE MISC OPTIONS
    #
    bios                      9
#namerom
0Europe MVS v2 (default)sp-s2.sp1
1Europe MVS v1sp-s.sp1
2Asia NEO-MVH MV1Csp-45.sp1
3Asia MV1Bsp-s3.sp1
4US MVS v2?sp-u2.sp1
5US MVS v1sp-e.sp1
6US MVS v2 (4 slot)sp1-u2
7US MVS (U4)sp1-u4
8US MVS (U3)sp1-u3.bin
9Japan MVS v3vs-bios.rom
10Japan MVS v2sp-j2.sp1
11Japan MVS v1sp1.jipan.1024
12Japan MV1Bjapan-j3.bin
13Japan MVS J3 (alt)sp1-j3.bin
14Japan NEO-MVH MV1Csp-j3.sp1
15Japanese Hotel v1.3sp1-1v1_3db8c.bin
16Universe Bios v3.3 (Hack)uni-bios_3_3.rom
17Universe Bios v3.2 (Hack)uni-bios_3_2.rom
18Universe Bios v3.1 (Hack)uni-bios_3_1.rom
19Universe Bios v3.0 (Hack)uni-bios_3_0.rom
20Universe Bios v2.3 (Hack)uni-bios_2_3.rom
21Universe Bios v2.3 旧? (Hack)uni-bios_2_3o.rom
22Universe Bios v2.2 (Hack)uni-bios_2_2.rom
23Universe Bios v2.1 (Hack)uni-bios_2_1.rom
24Universe Bios v2.0 (Hack)uni-bios_2_0.rom
25Universe Bios v1.3 (Hack)uni-bios_1_3.rom
26Universe Bios v1.2 (Hack)uni-bios_1_2.rom
27Universe Bios v1.2 旧? (Hack)uni-bios_1_2o.rom
28Universe Bios v1.1 (Hack)uni-bios_1_1.rom
29Universe Bios v1.0 (Hack)uni-bios_1_0.rom

ま、ぶっちゃけ「neogeo.zip」の中身は「000-lo.lo」「sfix.sfix」「sm1.sm1」「sp-s2.sp1」の4つだけあれば良くて、しかもlr-mameはbiosファイルのCRCをチェックしていないようなので、好きなbiosファイルを「sp-s2.sp1」にリネームしても行ける。

FBAFBNeoでCPS3, F3 SYSTEMのDIP変更

  1. HOTKEY+X → Options → Diagnostic Input → Hold Select※これ以外はまともに動かない
  2. エミュレーション中にSELECT長押し

その他システムの場合。

SYSTEMprocess
NEOGEOHOTKEY+Y → QUICK MENU → Options → Setting mode → On
PGMHOTKEY+Y → QUICK MENU → Options → Test Mode → On

余談ながらOptionの「Samplerate」がデフォルトの48000のままだとBGMのキーが高くなるので、44100に変更した方が良い。

レトロパイで月姫

  1. onscripterをインストールする
    $ sudo apt install onscripter
  2. ~roms/portsフォルダが存在しない場合は/etc/emulationstation/es_systems.cfgを編集する
    <system>
      <name>ports</name>
      <fullname>Ports</fullname>
      <path>/home/pi/RetroPie/roms/ports</path>
      <extension>.sh .SH</extension>
      <command>bash %ROM%</command>
      <platform>pc</platform>
      <theme>ports</theme>
    </system>
  3. 月姫のCDから吸い出した下記のファイルを~roms/ports/tsukihime/にコピーする
    ~roms/ports/tsukihime/
      ┣arc.sar
      ┗nscript.dat※「0.txt」でも可
  4. 任意のttfフォントを「default.ttf」にリネームして~roms/ports/tsukihime/にコピーする
  5. 月姫のCDから吸い出したCD-DAを~roms/ports/tsukihime/cd/にコピーする※mp3やoggにエンコ可
    ~roms/ports/tsukihime/cd/
      ┣track01.ogg
      ┣track02.ogg
      ┣track03.ogg
      ┣track04.ogg
      ┣track05.ogg
      ┣track06.ogg
      ┣track07.ogg
      ┣track08.ogg
      ┣track09.ogg
      ┗track10.ogg
  6. ~roms/ports/月姫.shを作成して編集
    #!/bin/bash
    "/opt/retropie/supplementary/runcommand/runcommand.sh" 0 _PORT_ "tsukihime" ""
  7. ~configs/ports/tsukihime/emulators.cfgを作成して編集
    tsukihime = "pushd /home/pi/RetroPie/roms/ports/tsukihime; onscripter; popd"
    default = "tsukihime"
  8. 再起動 → 「PORTS」 → 「月姫」※RPi4でフルスクリーン化しないのは要調査